シミをインナーから対策する

【子育て中のおすすめケア】シミをインナーから対策する

 

インナーケアで内側からもアプローチするのがおすすめです!


 

産後のママは、妊娠中に高まった女性ホルモンが急激に減少しています。
そうした急激な変化には、からだが健康であることが一番大切。

 

ビタミンを積極的に摂ることをおすすめ

 

特に、子育て中は、
・忙しくてついイライラ
・寝不足
・疲労がたまっている
そうした酷使している心とからだをいたわる食事がおすすめです。

 

肌のトラブルは、からだの不調や精神的なストレスも大きな原因になります。

 

特に美肌に効果的な栄養素の、ビタミンA・B群・C・Eを取るようにします。
レバー、青魚類にいろどり野菜類。
果物からもしっかりビタミンを摂りたいところです。

 

加えて、食物繊維や乳酸菌も腸内環境を整てくれて、有害物質を排出してくれます。

 

簡単で効果的なサプリメント

 

食事に手間暇かけられないなら、ビタミンサプリメントがおすすめです。
純度の高いものを選ぶことが秘訣です。

 

特中でも、「ビタミンCとB群は毎日欠かさず」飲んでください。
早ければ、1月ほどで肌の調子が変わるのが実感できるかも。

 

そのままずっと続けることで、「紫外線や肌のしっとり感」向上につながります。

 

ビタミンCは、UVやシミのケアには欠かせないもの。
自然な成分では最強の抗酸化物質。
あらゆるコスメやシミケアアイテムに使われています。

 

最近では健康増進のために、お医者様が摂取を勧めています。

 

ビタミンB群は、「粘膜など柔らかい部分やお肌の質感」に欠かせない成分です。
こちらも、毎日欠かさず摂ることがおすすめです。

 

スポーツ選手からの目が覚めるお話しとは?!

 

会社がスポンサーとなったサイクリング大会にボランティアで参加したとこのこと。

 

選手(オリンピック級)からのお話しがとても参考になりました。
それで続けてやってみています。

 

 

競技選手は、薬物ドーピング問題があって、風邪ぐすりを飲むことができない!
点滴なんかすれば年間出場停止。
例え病気でも、です。

 

なので、ほとんどの場合「ビタミンCで風邪を治します」。
ビタミンCは、取り過ぎても全く副作用が無いことが知られています。
なので、普通の3倍とか5倍とかを摂取します。

 

普通1,000mgならその数倍。

 

そうでなくとも、ビタミンCは、抗酸化作用があり、また、UVケアとして最高の成分なので欠かせないのです。
ビタミンB群もといっしょに欠かさず飲みます。

 

それは、日焼けで肌が壊れる、最悪皮膚がんになるのを防ぐためです。

 

ビタミンCとB群は、粘膜や皮膚によく働きます。
何百キロも太陽の下を走り続けるので、日焼、UV対策は必須です。

 

日焼けをすると痛みで体力が落ちます。
注意力も散漫になり、事故につながります。

 

そこで、ビタミンCやB群はほぼ毎日サプリメントで摂ります。

 

そうしたことで、
・日焼けしない
・風邪をひかない
健康体を保つようにしています。

 

 

ぜひ、オールインワンゲルで肌に直接のケア+食事やサプリメントでインナーからのケアをしてください。
genki

 

 

 

>> 戻る 【子育て 中 シミ】毎日たった数分なのにどんどんキレイになっていく!